エスプレッソとペーパーバック
~主婦の多読・TOEIC奮闘記~

CalendArchive



プロフィール

kumakame

Author:kumakame
2007年から英日の翻訳の勉強を始め、基礎~出版翻訳と二年間通信講座で学びましたが、英語力のなさを実感!今は在宅で英語の添削のお仕事をしつつ、総合的な英語力底上げのため、TOEICに挑戦中です!!英語力をある程度まで身に付け、再び翻訳の勉強がスタートできたらな・・と思っています!
趣味は、ライブ・映画鑑賞、読書にヨガです!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「HARRY POTTER and the Order of the Phoenix」

Harry Potter and the Order of the Phoenix (UK) (Paper) (5)
今朝は冷たい雨が降っていましたが、お昼前に出掛けようかな・・と思ったときには雨もあがり、お日様も出てきたので、ホッとしました

さて、今週から朝の音読にこちらの「HARRY POTTER and  the Order of the Phoenix」 (ハリーポッターと不死鳥の騎士団)を読み始めました!

翻訳の勉強を始めて約1年。洋書を読んでいて、翻訳講座で新たに
おぼえた表現や単語に出会う回数が、少しずつですが増えてきたよ
うな気がします!勉強の成果・・とまではいきませんが・・・
とてもうれしい瞬間です228343

30ページほど読みましたが、なんだか前作よりも難しいような・・
それもそのはず・・こちらの第5巻、総語数はなんと25万語237全7作の中で、
一番多いということです


スポンサーサイト

「HARRY POTTER and the Goblet of Fire」完読!!

Harry_20081202095613.jpg    
最近めっきり寒くなりましたね~191おまけに風が強い日が多くて、ベランダのゴールド・クレストちゃんは何度転倒したことか229今日もぬくぬくとした家の中に入れてあげました!

でも空気は澄んでいるのですかね~きれいな青空に、雪化粧した富士山が毎日見えます!(頭の部分だけですけどね237

さて、 5月から朝の音読で読んでいた「HARRY POTTER and the Goblet of Fire」、ついに読み終わりました405

朝の音読タイムのみ、それも夏休みは休んでいたので、ずいぶんながくかかって
しまいましたが・・この厚さ!!達成感ありますね343

こちら、映画も、日本語版も読みましたが・・セドリックの死はとても悲しくて、
ヴォルデーモートの復活等もあり、作品全体が重く、前3作とは明らかに
違ってきます。

映画よりも本、そして日本語より英語のほうが・・悲しい場面はより悲しく、いや
な奴はより憎たらしな・・と感じた作品でした。

そして、ラストは・・日本語、英語と何冊読んでも、いつも淋しい気持ちになります。

”As Hagrid had said, what  would come,would come...and he would have
to meet it when it did”
「ハグリッドの言うとおりだ。来るもんは来る・・・来たときに受けて立てばいいんだ。」
と自分に言い聞かせながら、ダーズリー家の車に乗り込むラストが、とても良かった
です

多読カウントは、最近読んだ本もあわせて、698,735語となりました
100万語まで、がんばるぞ~!!

 



「ふたりはともだち」「Frog and Toad Are Friends」&CD(Audio Book)


            ふたりはともだち (ミセスこどもの本) Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book) Frog and Toad: Audio Collection

アーノルド・ローベル作の 「おてがみ」というお話が、小学校の国語の教科書にのっています。

調度今、娘が宿題で毎日音読をしているのですが・・毎日聞いているわたしが、すっかり気に
入ってしまいました

ということで・・「おてがみ」を含め5つのお話が入った「ふたりはともだち」とその原書と朗読CD
もあわせて購入しました!

日本語はとてもやさしく、幼稚園年長さんぐらいでも読めそうです。
英語も、一文が短く、繰り返しが多いので、とても読みやすいです

ストーリーは・・どのお話もかえるくんとがまくんのほのぼのとした友情がとてもかわいらしくて、
心あたたまりますよ228そして・・・けっこう笑えます343

わたしは4番目の「すいえい」(A SWIM)が特にお気に入りです68
読みながら、けっこう笑ってしまいました(特に原書のほう・・)278

朗読CDは、アーノルド・ローベルさん自身の朗読に効果音も加わり、とても心地良いですよ343
聞きながら読むと、原書もグーっと読みやすくなると思います

 



Cambridge English Readers「Logan's Choice」

Logan's Choice(Cambridge English Readers:Level2)
ハリポタ、児童書と平行して、英語学習者のためのGraded  Reader(GR)も読んでみようと思い、Cambridge English Readersの中で人気の「女性刑事Logan」シリーズから、こちら「Logan's Choice」(レベル2)を読んでみました!

こちらの「ローガン」シリーズはレベル1~4まであり、各レベル一冊ずつ出ています。

さすがGR420前回紹介したマジック・ツリーよりも総語数は多いと思いますが、より読みやすいな・・と感じました

もちろんストーリーも・・・
ページを開くといきなり事件が起きるので、すぐに引き込まれてしまいました343

そしてマジック・ツリー同様、薄くて、各章が短いので、電車の中や家事の合間に
気軽に読めて、隙間時間の有効活用ができるのがとても良いと思います

ぜひぜひ4冊とも読んでみたいです!



マジック・ツリーハウス「Dinosaurs Before Dark」「恐竜の谷の大冒険」

            Dinosaurs Before Dark (Magic Tree House)   マジック・ツリーハウス〈1〉恐竜の谷の大冒険

こちらのマジック・ツリーハウスの本は、子どもの学校の図書室でも低学年を
中心に良く読まれているようですし、近所の図書館でも常に何十人もの予約が
入っているという大人気シリーズです!

英語版が「多聴多読マガジン」に紹介されていたので、第一巻となるこちら
「Dinosaurs Before Dark」を早速読んでみました!

ストーリーは、ジャックとアニーという二人の兄妹が、恐竜時代にタイムスリップ
して、はらはら、ドキドキの大冒険を繰り広げるというファンタジーです。

ストーリー展開がはやく、短いので、夢中になってあっという間に読み終わって
しまいました343

英語はやさしいですが、会話文が多く、その中には普段あまり耳にすることのない
生きた英語表現満載で、すごく勉強になりました

娘は英語版の表紙を見るなり、「なにこれ~!アニーが全然かわいくないよ!」と229

そうです、先日たまたま読んだ「あなたも出版翻訳家になれる」という本に載って
いましたが・・あえて日本の子どもたちに親しみやすい文章に訳し、目に付きやすい
イラストにすることで、日本でも大人気となったシリーズだということです



翻訳通信講座「英日出版総合コース」スタート!

tuushinnkouza.jpg 

11月はじめの連休も終わりましたね~228
我が家はとくに遠出することもなく、近所の公園で友達と遊んだり、 食事に行ったり・・・の~んびりと過ごした三日間でした343

さて、今月からいよいよ次の通信講座「英日出版総合コース」を 始めることにしました!テキストの表紙には”プロ翻訳家養成” の文字!なんだか身が引き締まる思いです237


そして、10月から取り組んでいた”翻訳新人賞”、一応出来上がりましたが、
仕上がり芳しくなく238今回は断念することにしました。

”翻訳新人賞”は通信講座と違って、お金を払っているわけでも、 誰かに強制
されているわけでもなく・・期限もわりとながかったので、 モチベーションを保つ
のがとても難しかったです。

やはり「絶対プロになりたい!!」という強い意志が必要なんですね
とても勉強になりました!

「英日出版総合コース」終了後、ぜひまた挑戦したいと思います





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。