エスプレッソとペーパーバック
~主婦の多読・TOEIC奮闘記~

CalendArchive



プロフィール

kumakame

Author:kumakame
2007年から英日の翻訳の勉強を始め、基礎~出版翻訳と二年間通信講座で学びましたが、英語力のなさを実感!今は在宅で英語の添削のお仕事をしつつ、総合的な英語力底上げのため、TOEICに挑戦中です!!英語力をある程度まで身に付け、再び翻訳の勉強がスタートできたらな・・と思っています!
趣味は、ライブ・映画鑑賞、読書にヨガです!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画「クリスマス・キャロル」観に行って来ました!

クリスマス・キャロル (竹書房文庫) 
 もともと3Dがすごく観たかったわけではないのですが、昨日は娘と一緒だったので、吹き替え&3Dで観てきました!

 3D映画は初めてでしたが・・・予告編の途中から3D、そして始めのクレジットも3Dで、徐々に気持ちが盛り上がっていきました!

まず映像がものすごく綺麗で、人物の動きがリアルで素晴らしかったです189 幽霊が飛び出してくるところは思わずのけぞってしまうような迫力!!スクルージが空を飛ぶシーンでは、 自分も一緒に飛んでいるような感覚に・・そして雪が降るシーンは、まるで映画館全体にちらちらと雪が降 っているように見えたり・・・・と映画を見ながら、ディズニーランドのアトラクション(ゴースト系278)に乗って いるようなわくわく感を体験でき、とても楽しかったです343

 ストーリーは・・・想像以上の幽霊・精霊たちの迫力に少々驚きましたが330ラストがほんとうに
良かったです420 心が温まり、自然と涙があふれ、幸せな気持ちになりました228きっと見終わっ
た後は誰もが、自分さえ良ければ 良いのではなく、人のために何かをしてあげたい・・という優
しい気持ちになるのではないでしょうか・・・

 世界中で愛され続けている物語だということが、よくわかりました。

 9歳の娘も「最初はどこが心温まる話か全然わからなかったけど、最後にはほんとうに心が
温かくなったよ!」 と言っていました!

 こわがりさんにはちょっと怖いかもしれないですけど229ぜひ子供にも観てもらいたい映画
です

 「クリスマス・キャロル」は、今までに大人向け、子供向けさまざまな本が出版されていますが、
こちらは映画の 内容にそったノヴェライズ本なので、映画を見終わった後に映像を思い浮かべ
ながら読むのも良いかもしれない ですね

 



スポンサーサイト

「英日出版総合コース」終了!

 先週の月曜日、翻訳講座「英日出版総合コース」の最後の添削を無事投函してき
ました405

今回の講座は英語はもちろんのこと日本語の難しさをなによりも感じた講座でした
毎回模範の訳で答え合わせすると、そこには自分では到底思いつかないような
すばらしい表現の数々420まだまだ修行が必要だな・・と日々感じていました237

基礎から始めた二年間の通信講座の勉強もここで一休み228これからは、仕事の合間に
最近なかなか 進まなかった多読と、そしていつもハガキをいただいてもなかなか行かれ
なかった不定期の 「絵本翻訳講座」にも参加できたらいいなあ~と思っています





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。