エスプレッソとペーパーバック
~主婦の多読・TOEIC奮闘記~

CalendArchive



プロフィール

kumakame

Author:kumakame
2007年から英日の翻訳の勉強を始め、基礎~出版翻訳と二年間通信講座で学びましたが、英語力のなさを実感!今は在宅で英語の添削のお仕事をしつつ、総合的な英語力底上げのため、TOEICに挑戦中です!!英語力をある程度まで身に付け、再び翻訳の勉強がスタートできたらな・・と思っています!
趣味は、ライブ・映画鑑賞、読書にヨガです!



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「HARRY POTTER and the Half-Blood Prince」読み始めました!

Harry Potter and the Half-Blood Prince
先日、”多読カウント100万語達成!!次は200万語めざしてがんばります!”とブログに書きましたが・・・100万語達成して満足してしまっていたのかその後、しばらく読んでいませんでした。ということで・・・久しぶりに多読再開です またまた辞書のような厚さですが挑戦です



スポンサーサイト

「DUO 3.0」で、まずは単語から!!

DUO 3.0
今週は暖かいようで、少しほっとしますね
さて、なにかと忙しくて相変わらずバタバタしていますが、仕事の合間に少~しずつ英語の勉強を始めています。
こちらの単語集「DUO 3.0」は、有子山 博美さんの著書「留学しないで、英語の超★達人!」で紹介されていて、なんだかとても惹かれたので購入しました! 単語一つずつに例文が付いているのではなく、3~6個でひとつの例文になっているのが、効率よく覚えられそうで、とても気に入っています有子山さん方式で5回通読(できるかな)できたら、次は別売りのCDに挑戦しようと思っています



LOVE PSYCHEDELICO 「ABBOT KINNEY」

ABBOT KINNEY
昨日今日と寒いですね~
先週から今週にかけて仕事や学校行事などでかなり忙しい日々でした(その間ターロウも観に行きましたが)なので、なるべくストレスを溜めないように、よく寝て、よく笑って、好きな音楽を聴いてリラックスするように心がけています!

最近とにかくはまっているのが、LOVE PSYCHEDELICOです。もう何年も前に映画「ホテルヴィーナス」で”Everybody needs somebody”という曲を聞いたときの衝撃は今でも忘れません。ただ、その当時は子育て真っ只中!今のようにMP3も持っていませんし、ゆっくり音楽を楽しむ余裕はなく・・・その後彼らはメディアにもあまりでなかったので、すっかり忘れていました。

しかし、ここ最近の立て続けのテレビ出演で衝撃再び!!という感じで、すっかりはまってしまいましたむかしのアルバムからこちらの最新アルバム「ABBOT KINNEY」まで、とにかく聴きまくっています格好良くて、聴くと元気になるのに、なぜか心地よくて落ち着くんですよね~一曲目の”Abbot Kinney”と二曲目の”Beautiful days”が特にお気に入りです



「TALK LIKE SINGING」観に行ってきました♪

ターロウ 
先週の金曜日、行ってきましたよ~赤坂ACTシアター「TALK LIKE SINGING」三谷作品の舞台を生で観るという長年の夢、ついに叶っちゃいました

その記念すべき日は、娘も一緒だったので結構早めに家を出たのですが、電車が遅れたりなんだりで、着いたときはもう開場時間で初のサカス探検はできませんでした

家を出るときはパンフレットを買う気はまったくなかったのですが・・・劇場に入るとダメですね~あの雰囲気・・買わなきゃ~という気になってしまって、結局買っちゃいました

ミュージカルは15年ぶり?ぐらいで、ほんとうに久しぶりだったのですが、やっぱり良いですねそれに、今までは帝国劇場のように大きなところでしか観たことがなかったので、二階席前から三番目でも舞台との距離が思った以上に近くてうれしかったですそして、さすが三谷作品!「TALK LIKE SINGING」は笑いが溢れていました大笑いできるところから、くすっと笑えるところまで・・三谷ワールド炸裂といった感じで、気付いたら最初から最後まで口角上がりっぱなしでした

今回の出演者はたったの4人。しかしその4人の役者さんたちがほんとうに素晴らしかったです

まず主演の香取さん、踊りはもちろん声が良く歌も上手で、表現力が豊かで顔の表情や体の動きで人を笑わせることができる、(今更ながらですが)素晴らしい役者さんだなと思いました。それでいて舞台経験がほとんどないというのだからほんとうに驚きです

そして三谷作品でお馴染みの堀内さん、私は今回初めて知ったですが、劇団四季出身だったのですね!歌も踊りも、さすがといった感じでした

それから川平さん、言うまでもなく英語の台詞、流暢でしたよ~!ミュージカル全体としては、思った以上に日本語の台詞も多く、英語、日本語の台詞を交互にやってくれたり・・あともちろん字幕もあるので、この言葉は英語ではこういうのか~なんて途中考える余裕があったりするところもあったのですが・・・冒頭の川平さんの台詞だけはそうはいきませんでしたまず速くて、そして長くて、内容も結構難しかったので、冒頭から話しに付いていけなくなっては困ると思い、必死に字幕だけを見ていましたこれから観に行かれる方はぜひ冒頭の舞台上の川平さんも見てあげてくださいね

最後に新納さん、今回ほんとうに個性的なキャラクターが多く、とにかく笑わせてもらいました!見てのお楽しみですが、ファーストフード店のあるキャラクターに、娘もわたしもすっかりはまってしまいました

最後は観客の皆さんの手拍子、そしてなりやまない拍手に繰り返されるカーテンコール・・香取さんは二階席のほうも見上げて手を振ってくれましたよ

歌や笑いは人を幸せにしてくれる力があるんだな~と心から思える作品でした今も”Talk like singing.Let's sing sing・・・♪”と鼻歌唄いながら余韻に浸っています 



多読カウントついに100万語達成♪

ハリー

先週は突然の仕事休みで、一週間有意義に過ごせました 
ということで・・・「HARRY POTTER and the Order of the Phoenix」(「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」)を先ほど読み終え、こつこつと続けていた多読カウントがようやく目標の100万語に達しました ブログで確認したところ、読み始めたころに調度ハードな翻訳講座もスタートして、それに加え昨年後半は仕事を始めたということもあって、なんと1年以上もかかってしまいました

5作目「HARRY POTTER and the Order of the Phoenix」は、なんといってもシリウスとの別れがつらく悲しいです。そして最終章へとつながる重大な事実も明らかになり・・とにかく読みごたえのある作品です。

次は「HARRY POTTER and the Half-Blood Prince」(「ハリーポッタと謎のプリンス」)、わたしにとってのハリーポッター最後の一冊になります!(最終章を一番始めに読んでいるので)次は200万語目指して、また新たにがんばっていきたいと思います

「The No.1 Ladies Detective Agency」 15,600語・・・PENGUIN READERSのアフリカを舞台にした探偵小説です!
「HARRY POTTER and the Order of the Phoenix」・・・257,045語

多読カウント・・・1,014,514語

 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。